IL Sey(イルセ)

IL Sey(イルセ)

ベリーダンサー、イルセーベリーダンス& JUZUL ONINE STUDIO主宰・監修
沖縄&大阪

イルセーベリーダンス
JUZUL ONINE STUDIO主宰・監修

ダンスを通して、毎日が楽しく、活気溢れるコミュニティー作りを目指しています。

現在、関西、沖縄にてレッスンを定期的に行いながらも、毎週オンラインレッスンにて全国各地の方へレッスンを配信中!

イベント主催やグループの振付監修、プロ育成も行い、それぞれの個性や可能性を引き出すサポートを行うフィットネススタジオ等とも連携し、体を動かす事やダンスの楽しさを伝え続ける。

公式サイト ⇒ https://www.ilseybellydancer.com/

●2019.9
東京国際ベリーダンスコンペティション TIBCオリエンタルソロ部門 準優勝&観客賞受賞

●2019.7
ベトナムOriental Passion Sigonドラムソロ部門 優勝

●2018.6
アメリカテキサス州 Gulf Coast Raks オリエンタルスーパースターソロ部門 優勝

●2018.2
日本 Oriental Queen The 12th Mercedes Nieto コンペティションプログループ部門 優勝

●2018.2
日本 Oriental Queen The 12th Mercedes Nieto コンペティションプロソロ部門 準優勝

●2016.3
KANSAI BELLYDANCE COMPETITION2016 フュージョングループ3位

Souhail Kapar(スヘールカスパー)

Souhail Kapar(スヘールカスパー)

マスターパーカッショ二スト
レバノン

グラミー賞にノミネートされたマスター・パーカッショニスト、スヘール・カスパー氏は真の名人、彼の即興テク、アラブ音楽のリズムパターンの華やかな変え方、民族音楽の歴史についての知識の豊富さはパフォーマーとしてではなくインストラクターとしても絶賛されています。 レーガン大統領、ヨハネパウロ2世法王やダライ・ラマのために演奏されたこともあります。

公式サイト⇒ http://www.neareastmusic.com/japanese/index.htm

レバノンで生まれ、シリアのアレッポにあるNadi al-Fonun al-Arabia(伝統アラブ音楽学校)で訓練を受け、クラッシックと民族音楽パターンやテクニックを磨きました。また、マスター・ミュージシャンや指導者に与えられるDurfee音楽フェローシップ賞を受賞されたカスパー氏はアリ・ジハッド・ラシー(有名なUCLAの民俗音楽家)と共に様々なカルチャーイベントに出演されています。 カスパー氏の作品にはプリンス・オブ・エジプト、シンバット、スクービー・デューinエジプトなどのサントラ、リジョンズ・オブ・ナイル河、グレート・バザールのドキュメンタリーなどが挙げられます。

Nicole(ニコル)

Nicole(ニコル)

小松芳アラビア舞踊団 ニコル組 ニコル塾

小松芳氏師事。

1997年小松芳アラビア舞踊団入団、同舞踊団講師、ダンサー。

Studio el Salaam、GOLDGYMにて特別講師。

全国でニコル塾を展開し、後進の育成に力をそそぐ。 自身が監督する「ニコル組」は創作フュージョンから民族舞踊まで 幅広いショーを展開中。

2005年
世界最大のベリーダンスフェスティバル“アハランワサ ハラン”(エジプト)で日本人初の快挙となる4位入賞。

2007年
ナグワフォワードカップ(韓国)銀賞受賞。

2011年11月
ナイルグループ(エジプト)バンド・ソロ部門2 位受賞。

2012年6月
Amani Oriental Festival (レバノン)skills of award 賞、振付賞をダブル受賞。

2012年7月
MAXIMINTERNATIONAL主催エジプシャンオリエンタルダンス コンペティション(日本)にて優勝。

2012年11月
ナイルグループ(エジプト)フォークロアグルー プ部門にて「ニコル組」優勝、ソロ部門3位受賞。

2013年2月
ナイルグループ(エジプト)ソロ部門にて優勝。

2015年7月
カイロハーン(エジプト)フォークロアグループ部 門4位。

2016年11月
ナイルグループ(エジプト)フォークロアグルー プ部門にて「東京ヌビアン」2位受賞。

2017年6月
Stars Of the Nile Festival 2017(日本)フォークロアグループ部門にて「東京ヌビアン」優勝。

2018年5月CAIRO Festival, Budapest(ハンガリー )オリエンタルグループ部門にて「UCHU NICOLEGUMI」優勝。

ムハンマド上田(トム)

ムハンマド上田(トム)

エジプト音楽、奏者
エジプト

本名:Tomohisa Ueda

2000年にエジプト初渡航。帰国後、そのままエジプト太鼓集団、「タブラクワイエサ」を結成(現在も活動中)。

東京にてエジプト太鼓講師、ダンススタジオ経営を経て、2017年よりカイロ在住。

2018年7月、カイロにて轢き逃げ事故に遭うも、現地で50日の入院。日本での治療の後、全治1年の診断にも関わらず、3ヶ月後には奇跡のステージ復帰。
現在では、この時勢にも関わらず、一年に1000回超のペースで、ステージに上り続ける、エジプト、アラブ諸国を通じて、唯一の東洋人プロミュージシャン、エンターテイナー。

日本では全く知られていないが、現地では超〜有名。

叩く、踊る、たまに歌うの3つの武器で、ナイル川に浮かぶ複数ナイトクラブで活躍中。

1965年、大分県中津市生まれ。熊本大学文学部卒。