Souhail Kapar(スヘールカスパー)

マスターパーカッショ二スト
レバノン

グラミー賞にノミネートされたマスター・パーカッショニスト、スヘール・カスパー氏は真の名人、彼の即興テク、アラブ音楽のリズムパターンの華やかな変え方、民族音楽の歴史についての知識の豊富さはパフォーマーとしてではなくインストラクターとしても絶賛されています。 レーガン大統領、ヨハネパウロ2世法王やダライ・ラマのために演奏されたこともあります。

公式サイト⇒ http://www.neareastmusic.com/japanese/index.htm

レバノンで生まれ、シリアのアレッポにあるNadi al-Fonun al-Arabia(伝統アラブ音楽学校)で訓練を受け、クラッシックと民族音楽パターンやテクニックを磨きました。また、マスター・ミュージシャンや指導者に与えられるDurfee音楽フェローシップ賞を受賞されたカスパー氏はアリ・ジハッド・ラシー(有名なUCLAの民俗音楽家)と共に様々なカルチャーイベントに出演されています。 カスパー氏の作品にはプリンス・オブ・エジプト、シンバット、スクービー・デューinエジプトなどのサントラ、リジョンズ・オブ・ナイル河、グレート・バザールのドキュメンタリーなどが挙げられます。